―道は走るもんじゃない、作るもんだぜぃ―
■ギャラクシーフォース GD-04
三輪強襲兵 ランドバレット

2004年12月下旬発売 3,150円(税込定価)


プロポーション(全体のカッコ良さ)★★★★☆
ポージング(可動とポーズの決まり具合)★★★★☆
ギミック(「遊び」の要素)★★★★☆
自由度(設定外の遊び方・拡張性)★★★☆☆
ケレン味(強いアピール要素)★★★★★
総合 20/25
オススメ度★★★★☆


公式紹介ページ→ 『GD-04 ランドバレット』
Amazon購入リンク→

character data:
惑星スピーディアの鼻つまみコンビのでっかい方。
いつもガスケットと行動を共にし自分から積極的に動くことはないが、体躯に見合った戦闘力はかなりのもの。(声:中嶋 聡彦)



■ロボットモード


 見事な逆三角形。短い足、極端にデカイ腕など、ここまで来るとアンバランスなところがとても格好良く見えます。
 深緑はラメ入り、落ち着いた高級感のあるアクセントのゴールド、鮮やかなクリアパーツは、パッケージの試作写真よりも良い感じ。実物を手に取ってみてこそわかるというか、パッケージや販促写真で逆に損してるかもしれない(^^;
 個人的にアイアンやメッキシルバーで塗装を加えていますが、どこに塗ろうか迷うほど製品の完成度は高いです。
なお、製品にデストロンマークは無いのが少々残念。


■ポージング・イグニッション


 見た目とは裏腹にバランスが取りやすく、可動箇所も多くてポーズが決まる。脇が開かないところは肩を上げて補います。
 イグニッションによるランドバズーカ展開は、轟音と同時にぐるんと背中から回転。GFのイグニッションギミックの中でトップクラスの派手さを誇る。
軽く挿すと音が鳴らずにバズーカだけ展開出来るので、イグニッションがうるさい、という心配もなし。


■顔アップ


 人間離れした造形が意外なほどにイケメンだったりするランドバレット。目も暗く鋭くてダークな格好良さがあります。
顎のアーマーは上下することも、外すことも(!!)。その下には歯のような?髭のような?モールドが。
 ちなみに目は集光クリアパーツですが、色が深いブルーでただでさえ集光度は低いうえに、丁度頭の後ろにランドセルが突きだしているのでほとんど光りません(^^;



■トランスフォーム!



■ビークルモード


 ロボットからスピードバギーへトランスフォーム!!
パワフルな印象を残しつつも、なかなか速そうに見える未来的なデザイン。
イグニッションでランドバズーカ&ウイング展開。ランドバズーカ発射口の周りのデザインから、ジェットエンジンのようにも見えます。
 ちなみにタイヤは非常に良く転がる、転がる!




■総評■

 正直雑誌などで見た第一印象はあまり良くなかったのですが、実物に触れて大いに印象が変わったトイです。(良い意味で)
アニメ登場よりだいぶ前から、頭数併せに初期ラインナップに入れられて「コイツ誰?」と思われてしまうなど少々不憫なところが。
少しでも魅力を感じるところがあれば、キャラクター的にもなかなかオイシイので、ガスケットとセットでオススメです。



●オマケ:フライトモード


 お約束ー。




Review

TOP PAGE