越前国、南井郷(なおいごう)の河合則盛の子(幼名:助房)として、生まれる。
 13歳の時、長井庄庄司 斉藤実直の養子として、長井庄に居住、名を実盛とする。
祖父の実遠以来、源氏との主従関係を結ぶ。武蔵武士として、数々の戦いで功を挙げた。

●1155年(久寿2年)大蔵館の変・・・鎌倉に住む源氏の棟領義朝と、大蔵館に居住する義賢(義朝の弟)は、武蔵国をめぐって対立。義賢は義朝の息子義平に討ち取られるが、遺児駒王丸を実盛公がかくまい、後に信州の豪族に養育を依頼する。

●1156年(保元元年)保元の乱・・・天皇と上皇の対立に、源氏・平氏・藤原氏等が同族入りみだれての戦。
実盛公は熊谷直実、畠山重能(しげよし)ら坂東武士と、源義朝に従い出陣。悪七別当を討ち、ずば抜けた手柄をたてる。

●1159年(平治元年)平治の乱・・・実盛公はじめ、坂東武士17騎でめざましい手柄をたてたが、平清盛の策略に破れ、長井庄に帰る。
 ×源氏 VS ○平氏

これらの戦いによって長井庄は平清盛の二男、宗盛の領地となる。長井庄における、これまでの功績を認められた実盛公は、平宗盛の家人となり、別当として長井庄の管理を引き続き任じられる。
その後の実盛公は、農民の住み良い土地を作る為、庄内の開拓、治水、土地改良に努め、農作物の出来具合の面倒を見る事などから、農民から大きな信頼を得るようになる。

厚い信仰心を持つ実盛公は、庄内の平和と戦死した武士の供養、領内の繁栄を願って1179年、長井庄の総鎮守として聖天宮を建立。

●1179年(治承3年)冨士川の戦い

1180年、源頼朝が挙兵し、再び源平による戦乱の時代となる。実盛公は平宗盛の恩に報いるため、平氏として戦うことを決意。敵となった源氏方の、かつて命を助けた木曽冠者義仲(駒王丸)と戦うことになる。

平家物語より
赤地錦の直垂(ひたたれ)に 萌葱威(もえぎおどし)の鎧着て 鍬形(くわがた)打ったる 甲(かぶと)の緒をしめ 金(こがね)作りの太刀を帯き 二十四さいたる  切斑(きりふ)の矢負い 滋藤(しげとう)の弓持って 連銭葦毛(れんぜんあしげ)なる  馬に黄覆輪(きぷくりん)の鞍をいてぞ乗ったりける

平家軍は、義仲追討のため実盛公の生まれ故郷の北陸に向かう。篠原(石川県加賀市)は実盛公の一族同門の地である。故郷に錦を飾るという言葉に従い、宗盛からいただいた大将用の赤地錦の直垂を着て、年老いた武士とあなどられないよう白髪を墨で黒く染め、篠原へ出陣した。

●1183年(寿永2年5月21日)篠原の戦い・・・木曽義仲の軍の勢いに押され、敗走していく平氏の兵の中、最後尾でただ一騎ふみとどまり防戦するが、義仲軍の手塚太郎と戦いとなり壮烈な討死をする。享年73歳。実盛公は最後まで名を名乗らなかった。

大将らしき姿で名を名乗らない武者が、白髪を染めた実盛公であったことに気が付いた義仲は、命の恩人の無惨な最後に泣き崩れたという。この壮烈な戦の悲劇は、後に「平家物語」・「源平盛衰記」・歌舞伎「実盛物語」・謡曲「実盛」など、数多く語り継がれている。

★妻沼聖天山内の実盛公銅像 平成8年、開創818年御開扉の記念事業として建立されました。 手鏡を見ながら髪を染めている姿です。
サウンドモールからは尋常小学校唱歌「斎藤実盛」が流れ、歌で実盛公の遺徳を讃えています。