本坊本堂

斎藤別当実盛公の次男、実長(出家して良応僧都)により、聖天堂の別当坊寺院として開創。同時に御本尊として十一面観世音が寄進されました。
昭和50年、屋根を銅板に改修。