トップあいさつシンボル役 員教養講座過去の行事アクセス


行事報告

2018/12/01   第3回教養講座「牧山定義氏」
2018年12月1日(土)    参加者20名


 
   平成最後の教養講座の3回目は牧山定義さんに
お越しいただきました。
偉大なろう者について伝承していく大切さを
全身全霊の手話で講演していただきました。
ボディランゲージでの力強さに感動したり、
連盟発足当時の裏話や苦労話を知ることが
できてよかったです。さらに、特別にビデオを
披露してくださったのでありがたく思いました。
なんと翌日は東北大会があるため急ぎ足で
帰られました。
本当にお疲れさまでした。


 
2018/12/01   妻沼手話サークル忘年会
2018年12月1日(土)    参加者15名


 
   手話サークルさくらの会主催の忘年会に
参加しました。今年度のサークル活動を振り返り
来年も皆さんと共に楽しみながら手話を学んで
いくことを確かめ合いました。美味しいお料理を
食べながらの会話も弾み、未熟な私も手話で
コミュニケーションがとれたことが何よりの
喜びです。積極的に相手と向き合い、相手の目や
表情を見てコミュニケーションをとりたいと
思いました。
《継続は力なり❗》
来年も頑張りまーす

 
2018/11/17   第2回教養講座「佐沢静枝氏」
2018年11月17日(土)    参加者30名


 
    
  泣いた! 感動! 酔いしびれた!


2回目の教養講座は、
特定非営利活動法人しゅわえもんの佐沢さんに
お越しいただきましたが、初対面の人が多く、
新鮮な雰囲気の中で進められました。
佐沢さんの生い立ちから、日本手話に
目覚めた経過についての話に皆頷いていました。
表現の工夫についても参加者からの反応が多く、
参加者も一体になって参加できたように思いました。
絵本の読み聞かせの時の7ポイントについての話に
日本手話の文法をうまく活かされていることを
感じました。
実際、故郷の歌や、宮澤賢治の「雨にも負けず」の
言葉等を手話で表してもらった時は拍手の
嵐が。。。最後に絵本を2冊も手話で語って
くれましたので、手話の魅力を改めて実感した人も
多かったでしょう。大人の絵本手話での
読み聞かせ会を開く機会を作りたいですね。









2018/11/12   料理教室
2018年11月12日(月)    参加者17名


 
   
  恒例となった料理教室ですが、今回も、ろう者協会、
手話サークルのメンバーによる講師陣で、わかりや
すく教えていただき、楽しく作れました。
参加者の一人から感想を頂きました。


「料理教室の参加はこれで2回目と
なります。
メールでメニューを見た時は難しいと
思いましたが意外に簡単でした。
出来上がったものを見たら本当にうれしかったです。
家でもさっそく作ってみたいと思います。」


 



2018/11/10    合同日帰り旅行「忍野八海と富岳風穴」
2018年11月10日(土)    参加者24名


 
  今年は、富士山のきれいな山梨へのバス旅行を
企画しました。山梨へ引っ越されたTさんとの
サプライズ再会もあり、楽しい旅が出来ました。
参加者からの感想は下記の通りです。

・前日の雨が嘘のように当日の朝は晴天に恵まれ、
8時頃にバスで市役所を出ました。
ところが紅葉の季節のためか高速道路は渋滞に
なり、行く予定だった「森の中の水族館」は省かれ、
「富岳風穴」と「忍野八海」だけ行くことになりました。
富岳風穴では洞窟の中へ入ると雪がまだ残っている
ほどヒンヤリと涼しかったでした。
忍野八海では午後から曇り空になってきたので
富士山が見えなくなってしまいましたが、水底が
見えるほど澄み切った池を見ることが出来ました。
昼食は山梨県の郷土料理「ほうとう」でしたが、
量が多すぎて全部食べられた人は少なかった
でした。参加者の中に手話講座初級の聴者が
何人かいて、みんなで一緒に楽しめた日帰り旅行
でした。

・快晴の気持ち良い朝、ルンルン気分でバス旅行は
スタートしました。多少の渋滞はありましたが
、快適なバスの旅でした。
あつあつのほうとうに舌つづみをうち、急な階段を
降りた時のひんやりとした空気の風穴の心地よさ、
忍野八海の冷たい水に手を入れた時、ああ〜日本は
いいなあ〜と、そして美しい富士山の姿に感激した
一日でした。

・紅葉が綺麗な山梨県に行ってきました!行きは
渋滞だったため、観光スポットを変更となり、とても
残念でしたが、名物料理のほうとうを食べ、身も心も
暖まりました。
また来年も参加者が楽しめる場所に行きたいなと
思っています。
今日一日、お疲れ様でしたー!


 







2018/10/27   第29回ふれあい広場
2018年10月27日(土) 参加者32名


 
   天気予報では午前中雨だろうということでしたが、
その心配がウソのように晴れて、ふれあい広場は
無事開催できました。毎年、やっている新中古品販
売で、昨年より品物が少なく、心配していましたが、
昨年同様の売上金にホッとしました。
多くのお客さんから「安いね」「いつも楽しみに
しているのよ」と話しかけてくれたので、
手話の花が咲いて楽しい一日でした。
参加者の皆さんお疲れさまでした。


 


2018/10/24   社会見学会「はなぶさ苑」
2018年10月22日(月) 参加者25名


   友達が働いていた【はなぶさ苑】の施設見学が
できるというので、楽しみに参加しました。
 理事長の講話は とても面白く、また自分に
省みた時に反省するところもありました。
各担当の方の講話も勉強になるものが多々
あり、今回知り得た情報を忘れてしまっても『何か
あったら= はなぶさ苑』に‼︎ という事だけを覚えて
いれば、安心だと思いました。
 リハビリ施設もかなり充実しており、65歳以上
ではなく 40代ぐらいから施設が利用できたら
早い段階からの【予防リハビリ】になり良いなぁと
思いました。ただ、今回チラシに掲載されていた
【足湯体験】は、施設のボイラーが壊れていた
ため体験できなく残念でした。代わりのレッド
コード体験は、とてもいい運動となり 四十肩を
患っている自分には良いリハビリとなりました。
 今回の社会科見学は将来役立つ情報満載で、
参加してよかったです。
また講話をしてくださった方々が、手話通訳等
にも興味を持ってくださったようで、今後仲間が
増えそうな予感もしています。
皆さん、色々な形で 良い刺激を受けた1日と
なったと思います。





 2018/10/7  第1回教養講座「橋本一郎氏」
2018年10月6日(土) 参加者41名

 
   第1回目の講演会は橋本さんをお招きし、
手話との出会いについて幅広い話題に基づいた
話を伺いました。コーダと思えるくらい明確な
手話で、写真付きのパワーポイントを使いなが
らのわかりやすいお話でした。
手話通訳士でありながら、ろう学校での教員から
大学や専門学校での手話講師、ろう者スポーツ
など幅広い活動をやっておられるのでめったに
聞けないお話に皆なるほどと、真剣に目を傾けて
いました、豊富な経験話にびっくりの連続でした。
しかも一方通行ではなく、クイズを出しながらの
話で、当たった方には手話イラスト付きの
キットカットを差し上げるサービスもあり、
フレンドリーな雰囲気を感じました。パート2も
聞きたいとの声もありました。参加者の皆さん
、お疲れさまでした。


 

2018/09/10  敬老祝い金を贈呈
2018年9月10日(月)  

 
   敬老の日にちなんで
敬老祝い金を贈呈いたしました。
いつまでも長生きしてください。
 
 2018/08/26  熊谷市総合防災訓練
2018年8月25日(土)  参加者5名(ろう者)

 
   去る8月25日、2年おきに行われる防災訓練に
参加しました。2年前は大雨でしたが、今回は
猛暑の中、約700名荒川緑地に集まりました。
防災フェアには
全国に一台しかない3D自然災害体験車
県内に1台しかない救護支援車、動く病院ごと
救急車、福祉展示、東京電力など催し物が
たくさん出され、めったにできない体験が
できました。
特に救護支援車に乗せていただき、わかりや
すく説明していただきました。なんと、3メートルに拡
張でき、26名泊まれ、東日本大震災の時は
大活躍されたそうです。防災に対するハイテクの
凄さに実感できた1日でした。




救護支援車にキッチン、トイレ、ベッド完備
支援車の伸縮できる3メール可能
26人も泊まれる
※各県に1台しかない救護支援車

救急車の中にはいろいろな必需品が収納
2018/7/16   合同納涼会
2018年7月14日(土)  参加者25名

 
   猛暑の中、納涼会が甲子園にて、
行われました。参加者の中には手話講習会の
受講生が多く4班に分けて楽しいゲームを
しながら楽しみました。



2018/7/1   ふれあいの里 夏まつり&バザー
2018年7月1日(日)  参加者13名

 
  今日のふれあいの里まつり&バザーは
暑い中を皆さんのおかげでなんとか乗り切る
ことができました。
 
参加者より感想をいただきました。
下記の通りです。

暑い1日でしたが、皆で協力して楽しく販売できて
良かったです。
初めてのバザー参加でしたが、高校の頃の
文化祭を思い出し、とても楽しい気持ちでした。
今回の反省点なども生かし、次のバザーも
是非参加したいです。

打合せも対してしていないのに皆さん協力
してとてもスムーズだったと思います。
チームワークの良さを感じました。

猛暑日の外販売(バザー)は初めての体験で
いろいろ学んだ1日でした

子供向けの商品もあり 喜ばれていたので
良かったです

今回は 猛暑日という事もあり 飲み物販売が
成功でした!


いつもはおもちゃのお金とレジでお店屋さん
ごっごしている娘ですが、本物の店番ができ、
とても楽しかったと話していました。
来年も行きたいと言っています。


   



 
2018/0611   市政宅配講座「荻野吟子の歴史」
2018年6月11日(月)  参加者27名

 
   毎年開催している出前講座ですが、
今回は日本で女医第一号となる荻野吟子の
歴史、阿うんの会の増田先生より興味深い
お話を伺いました。
「困難からいろいろな事を学び大変な偉業を
成しとげた。
感動しました」(Nさん)

 
2018/04/03   お花見ウォーキング
2018年4月2日(月)  参加者18名

 
   初めて4月2日、お花見ウォーキングに参加
しました。深谷駅より川の道沿い、パティオまで
満開の桜の下を、気持ちよく歩きました。  
途中、菜根譚農園の水耕栽培を見学し、
お土産にホワイトセロリをいただきパティオで
お昼  桜の花びらがひらひら散り、ちゅうりっ
ぷ、ビオラ、満開の中ベンチでのんびり、癒しの
一日でした  
F.K
 

2018/03/31   第36回定期総会
2018年3月31日(土)  参加者19名

 
   桜満開のピークの中で第36回定期総会を
開催いたしました。
会長の挨拶から始まり、活動’行事報告、
決算報告等、スムーズに進行しました。
役員改選は多少の役職の変更もありましたが、
ほぼ同じメンバーで頑張ることになりました。
2018年度もご協力をどうぞよろしくお願い
いたします。

 

2018/03/05   茶和会
2018年3月5日(月)  参加者26名

 
   反省会では「富岡製糸場の見学が良かった」
「来年度はサークルや行事参加にもっと参加
したい」などの意見が出ました。
お花見、出前講座の担当者も決まりました。
茶和会では漬物やケーキなどの差し入れもあり
楽しく交流しました。



2018/03/05   第10回合同セミナー
2018年3月3日(土)  参加者52名

 
   今年最後の合同行事である手話セミナーは
熊谷市立商工会館ホールにて開催されました。
初級コースの受講生も参加してくれたので、50名
も集まりました。
まず、昨年10月に亡くなられた漫画家武石豊一
さん(咲花洋一)のインタビューDVDを放映し、
武石さんを偲びました。
休憩後、第2部に入ろうとした時に突然停電の
ハプニングもありましたが、無事電気が付き、
ホッとしました。後半は6グループに分けて、
ろう者が良く使う手話を使うという流れで発表、
その手話表現について1人ずつ講評をいただい
たところ、「そうか、なるほど」との受講生から
ため息が漏れるほどでした。
本当に充実した2時間半で、参加者にも楽しんで
いただけたようで、良かったです。
担当の皆さんお疲れ様でした。



注文したのぼり旗初披露!   可愛いミニのぼり旗

美味しいお菓子どれにしようか!

 6グループの各代表が、手話の例文を発表!
2018/01/28   合同新年会
2018年1月27日(土)  参加者30名

 
   恒例の新年会はみかわにて開催され、
30名の参加者で盛り上がりました。戌年に
ちなんだスヌーピー家族のイラストのうちわに
よるグループ分けがテーブルに置いて
ありました。飲み放題ということで嵐のように
注文が続きました。お楽しみのゲームの前に
なんと35億のブルゾンちえみwithBの登場に
ビックリ!お正月クイズは正答が相次いだため、
順位を決めるために三人羽織で手話で挨拶し
てもらって当てるクイズでやっと決まり、賞品を
贈呈しました。福引は4人の方が当たり、
福袋が贈られました。
最後に参加者の方から感想をいただきました。
         ↓   ↓   ↓
30名が集った新年会は、戌年にちなんで様々な
所に工夫があり、すごいと思いました。
幹事さん達の「ブルゾンちえみwith B」には驚きと
笑いが起き、チーム対抗ゲーム「お正月クイズ」
では、知っているようで知らなかった問題に、
各チームとも団結し大いに盛り上がりました。
順位決定戦の三人羽織も、とても愉快でした。
みんなが交流を深め、とても良い時間を
過ごしました。おめでたい報告もあり、笑顔
いっぱいの新年会でした。
幹事の皆さんに心から感謝です。
ありがとうございました。お疲れさまでした。

 


2018/01/26  市長との懇談会
2018年1月26日(金)  参加者11名

 

   今回の懇談会は初めて昼間開催いたしました。
1時間という限られた時間だったので、2つの
テーマについて情報交換をしました。
①専任手話通訳者について
②手話言語条例について
なかなか前向きの意見が出されず残念
でしたが、継続的に話し合いを続けていきたいと
思います。



2017/12/26  フラワーアレンジメント教室
2017年12月25日(月)  参加者9名

 
   生花教室が無事に終わりました。
みなさんとてもきれいに生けられ他の人、生け
方法も見られて、勉強になりました。
今日、生けたものを玄関に・部屋それぞれ好きな
所に飾って気持ちのいいお正月が迎えられますね。
みなさん、よい年を迎えてください。

 
2017/12/18  合同クリスマス会
2017年12月18日(月)  参加者27名

 
   今年最後のイベントとして、クリスマス会を開催
しました。みんなと一緒に楽しめるゲームに、
全員に参加賞として生活の必需品をもらえて
大喜び!今までにないゲームで「利き酒版」利き水
の中身を当てるクイズで、試飲コーナーのように
飲みながら当ててみました。意外と難しかった
です。
MVP賞受賞なされた方の一人から感想を頂きま
した。
「私は視覚障害なので 今日のゲームの中の
「だるまさんが転んだ‘」は出来ないと思って
いましたが サポートをして貰ってみなさんと
一緒にできたので とても楽しかったです」
担当の皆さまお疲れ様でした。


 

 

 
2017/12/17   第3回教養講座(粟野達人氏)
2017年12月16日(土)  参加者14名

 
   今年度の3回目で最後の講座でした。
「デフリンピックとは何か?」というテーマで
お話し頂いた方は、熊谷は初めての粟野さん
でした。
今回は参加者が少なかったのですが、
長野県から来られた方もいました。
内容的には、デフリンピックについて知らなかった
ことがたくさんあり、特に聴者のスポーツ並みに
記録を正確するため目でわかるように点滅する
ランプ等が設置されていて、デフリンピックが
開かれるたびにハイテクな機器に生まれ変わると
いう話にすごいと感心しました。いつかは日本にも
デフリンピックが開催できるように、デフリン
ピックの知名度を上げていきたいと思いました。
参加者の皆さん、お疲れ様でした。
来年度の教養講座も楽しみにしてください。

 


2017/11/25   高尾山を登ろう会
2017年11月25日(土)  参加者21名 


 
   今日はテレビでも高尾山の紅葉が見頃との
ニュースに混雑しているだろうと話し合って
いましたが、やはり予想通りで、外国人
ばかりでした。まずケーブルカーで紅葉の中を
頂上まで登った後、歩き始めました。昼食タイム
には座る場所がないほどの混雑ぶりで、仕方なく
、階段に座り紅葉を眺めながらのランチは格別
美味しかったです。運が良く、勇姿の富士山が
展望でき、ラッキーでした。帰りのケーブルカーも
通勤ラッシュ並みで下車後は土産を買い、帰途に
つきました。ケガもなく楽しいバス旅が満喫
できました。企画担当の皆さん、
お疲れさまでした。


 





2017/11/13  料理教室
2017年11月13日(月)  参加者20名 

 
   中央公民館にて毎年 恒例の料理教室を
行いました。
今回は サークル員から得意のレシピを
教えてもらいました。
後援会ユニオンでお馴染みの帆立の炊き込み
ご飯の素を使用し 数種類のキノコを追加した
アレンジ料理。
根菜をたっぷり使った すいとん。
温野菜のサラダ。
デザートはジュースと果物を使った 簡単ゼリーと
失敗しないバウンドケーキ。
どれも 美味しくいただきました。


 






2017/11/11  第2回教養講座(平井望氏)
2017年11月11日(土)  参加者29名 


 
   2回目の講座は、筑波技術大学院で障害者
スポーツを学んでいらっしゃる平井望さんから
ロシアの魅力について伺う事が出来ました。まず、
ロシアのイメージは?という問いかけから始まり、
留学先にロシアを選んだきっかけについて
2009年デフリンピックビーチバレー日本代表
として出場した時にロシアの選手の活躍の凄さに
驚いたことなど、盛り沢
山の内容でした
普通のアパート生活ではなく、デフファミリーの
ホームスティに恵まれたお蔭でロシア手話も
堪能になったとの話で、やはり、生活の中で身に
つけていくことの大切さを実感できました。
最後にロシア手話を紹介して頂きましたが、
「あれ?」「分かる」等参加者の反応が出て、
楽しく学べてよかったです。わかりやすい話だった
せいか質問も沢山出て、ロシアへの関心が
高まった講演会でした。

 

2017/11/01  熊谷市まちあるきワークショップ
2017年11月1日(水)
市内の施設 参加者54名 


 
   バリアフリー街あるきの企画があり、障害者
当事者として参加しました。
グループに分けられて、あらゆる施設に入り、
利用しやすいかどうか、実際に見て、こういうのを
つけてほしいとか改善してもらいたい等、意見を
出し合いました。
その後、市民体育館に戻って各グループごとに
改善、提案などを模造紙に貼り、各グループの
代表が発表後、解散となりました。
バリアフリーの街になってほしいと思いました

(参加者:田中智・岩田豊)

市民体育館

熊谷駅構内

熊谷駅北口

ティアラ駐車場
2017/10/28   第1回教養講座(宮本一郎氏)
2017年10月28日(土)
障害福祉会館 参加者33名 


 
   台風目前の雨の中を、市外の方にたくさん
お越し頂きました。
「アジア地域事務局の視点から思ったこと、
面白い話」というテーマで元アジア地域事務局長
を8年間務められた宮本一郎さんにお話をしてい
ただきました。海外の豊富な経験からめったに
聞けないエピソードの話に皆興味深く見(聞)て
いました。
特に、「日本のそこがすごい」という話に改めて
日本を見直さなければならないと思った人も
いたと思います。ネパールの地震の動画も
見せていただき、知らなかった部分を知ることが
でき、貴重な時間を過ごさせていただきました。
質問の時間もなくあっという間に終わって
しまったので、「続編を!」との声もありました。
またの機会を作りたいと思いますので、
その時は又お越しください。


 
2017/10/28  第28回ふれあい広場
2017年10月28日(土)
熊谷文化スポーツ公園 参加者18名


 
   お天気が気がかりの中で、予定通り10時から
開始したとたん、特に100円コーナーに集中され
おつりのやり取りに目が回るほどの忙しさ
でした。午後から少しずつ雨が降り始めたため、
予定より1時間繰り上げられ、終了となりました
寒い中をご協力して頂いた
皆さんありがとうございました。

 
2017/10/28  埼玉県手話言語条例普及リレーキャンペーン
in熊谷西小学校
2017年10月27日(金)
熊谷市立西小学校 参加者250名


 
   埼玉県内の4会場で実施するイベントで
3回目の会場として熊谷市立西小学校で開催
されました。
協会として田中智佳子さんが講師として協力
しましたが、クレヨンしんちゃん、熊谷市
のニャオざねマスコット、西小学校のゆるキャラ
も登場し、盛り上がりました。
子どもたちの反応が良く、将来当たり前に
手話が使えるような街になってほしいと
思いました。

 
2017/10/28   第23回夏季デフリンピック(トルコ)報告会
2017年10月25日(水)
障害福祉会館 参加者25名


 
 デフリンピックに参加したテニス部選手親松
直人さんのビデオ動画による報告会に続いて、
バトミントン部監督を務められた中西潤さんに
よる報告会を開催しました。
「数で知るデフリンピック」というテーマで、
クイズ形式での報告だったので、楽しく聞けま
した。
オリンピックに比べてまだまだ認知度が
低いデフリンピックであるため、参加するのに
負担も多いとの話に多くの課題が残されて
いることがわかりました。

 
2017/10/15 川上恵氏の講演会
2017年10月14日(土)
さくらめいと会議室 参加者54名

※熊谷市障害者相談支援センター委託事業として
一年間に1回開催

 
  はるばると沖縄からお越しいただいた川上恵さんに
「ろう通訳者と聴通訳者による協働通訳から得られ
ること」というテーマでお話しいただきました。
川上さんのお話を聞きたくて、東京から茨城県・
群馬県と54名の方が集まりました。
「ろう通訳」という言葉を初めて聞く方も沢山いまし
たが、ギャロデット大学院で通訳学部を修了され、
「」米国認定ろう通訳士」の資格を取得されたことや
具体的な例をわかりやすく話して下さったので、
身近に感じられた人もいたと思います。最後の
質疑では、質問者がたくさんいましたが、丁寧に
答えていただきました。
なんとアメリカのろう通訳士は約230名もいるそう
です。羨ましい話ですね。今まで相談員が通訳を
兼ねてきたことについて、やはり役割分担をした
方が、ろう者にとってより良い方法につながるとの
話があり、皆うなづいていました。川上さんの話を
参考にまずは地域にろう通訳の認識を少し理解
してもらう取り組みをしていきたいと思いました。
とても有意義な一日でした。
参加していただいた皆さん、お疲れさまでした。


川上恵氏

左はミラー通訳

パソコン要約筆記通訳者

2017/09/25 社会見学会「富岡製糸場を訪ねよう」
2017年9月25日(月)富岡市 参加者24名


 
   社会見学で訪ねた世界遺産である富岡製糸場は
富岡製糸場だけでなく富岡製糸場と絹産業遺産群
(田島弥平旧宅、荒船風穴、高山社)であることを
初めて知りました。
まず、ろう者は手話ガイド、手話サークルは
音声ガイドによる案内を受けました。
明治5年に出来た富岡製糸場はフランス人の
設計の元で建てられた建物なので、タイムスリップ
したかのような錯覚を覚えました。
昼食は富岡製糸場の近くにあるおぎのやの釜めし
を美味しく堪能しました。駅前には8人乗りの
くるりんバスがガイド料100円で乗れるので、
乗れた人はミニバス旅を楽しめました。
天気も良く、楽しい1日でした。

  
  
  
     
2017/0905   警察署との懇談会 14名


日程調整の結果、消防本部と別々になりましたが、
ゆっくりと話し合えて良い懇談会になりました。
また、メール
110FAX110の知識について
紙芝居風に説明していただけてよかったです。

ろう者への接し方のマニュアルについて

②交番が留守時の対応について

110メールについて

④手話講座の開催について

 
2017/0829   消防署・社協との懇談会 20名


昨年に続いて、私たちの想いを話し、お互いに
質問しながらの懇談で和やかな雰囲気でした。

①共通的な要望

 熊谷市手話言語条例に伴って、
                      手話講座の開催を!

②消防本部への要望→119メールの導入を!

③社協への要望→専任手話通訳者の身分保障を!

 
2017/7/31  合同納涼会
 2017年7月29日(土)徳樹庵 参加者:29名


 
   今年の納涼会は青年部と合同企画として開催され
ました。手話に関するクイズから伝言ゲームなど
盛り沢山な内容で全員参加で楽しむことができ
ました。
なんと全員に参加賞が出て盛り上がりました。
今回の会場は駅から遠かったのですが、
送迎バス付きだったので安心して飲んだ方も
沢山いたようです。
参加した皆さん、幹事の皆さんお疲れさまでした。
 



2017/6/22  表敬訪問

 
   今日、中西潤氏(バトミントン監督)と親松直人氏
(テニス選手)が7月18日~30日にトルコ
サムスンにて開催されるデフリンピックに出場
なされるにあたって、熊谷市長表敬訪問して
来ました。
熊谷市長から手話で「頑張ってください」と
心暖まる激励を頂いた上、親松選手には選手
派遣費と激励費、中西監督には、記念品を
贈呈されました。デフリンピックでのご活躍、
皆で応援しましょう!
■親松直人さんのコメント
「初めてのデフリンピックですが、メダル獲得に
向け精一杯頑張りますので応援の方よろしくお願い
致します」
■中西潤さんのコメント
「今回でデフリンピックは2回目ですが、
監督としては初出場となります。
監督として、選手が本番でベストパフォーマンスが
できるようにすることで色々と重圧はありますが
、与えられた責務をしっかりと果たし、バドミントン
競技としてメダル獲得できたらと思います。
皆様の心温かい応援をよろしくお願い
いたします!」

 









懸垂幕→「祝 出場
    親松直人選手(テニス競技)」
2017/6/12  手話言語条例学習会(3回)

 
   4月から施行された「熊谷市手話言語条例」に
ついて支会・サークルの方にも知ってもらう目的で
学習会を3回開催しました。同じ資料に基づいた
形で、手話言語条例プロジェクトチームの
メンバーが入れ替わりで説明させて
いただきましたが、少しでも理解して頂けたかなと
思います。
①6月7日(水)障害福祉会館 18名
②6月10日(土)妻沼中央公民館 15名
③6月12日(月)障害福祉会館 26名

当たり前のように手話を使える環境作り、例えば、
どこでも(店・病院・学校・会社等)、いつでも
ろう者が生活しやすい社会を目指すためにも
市民の中で手話の輪を広げて行きたいです。
それが私たちの夢ですので、少しずつ実現
できるよう、力を合わせていきましょう!

 
 第1回 6月7日(水)

 第2回 6月10日(土)

 第3回 6月12日(月)
2017/6/5  熊谷市政宅配講座
「知って納得!健康講座
      ~がんの予防について」

    2017年6月5日(参加者28名)

 
   毎年開催している宅配講座ですが、今回は皆さん
の希望でがんの予防を取りあげてお話しして
頂きました。講師は熊谷市保健センター保健師の
吉村さんで、板書をしながらわかりやすくお話して
頂きました。まず、がんの原因になる話から始ま
り、ガンを予防する7ポイントについて
説明して頂きました。
細胞の話では、老化によって死ぬ細胞もあ
れば、突然変異になってがんになってしまう物も
あるそうです。7ポイントは下記の通りです。
①バランスの良い食事
②塩分を控える
③アルコールをとりすぎない
④タバコを吸わない
⑤適度な運動
⑥腹8分目
⑦定期的にがん検診を
最後に、誰でもできるスクワット体操を教えて
いただきました。やはり「継続は力なり」ですね。
皆さんも日頃の生活を意識しながら健康なカラダ
を身につけていきましょう!

 



2017/4/3  お花見会
      2017年4月3日(参加者20名)


 
   毎年楽しみにしている花見シーズンですが、
今回は残念ながら満開ではなく、約3分咲でした。
暖かい桜道を歩きながら楽しむことができました。
なんと、アジア系の方の見学客が大勢いました。
桜と菜の花にコラボ!記念写真を撮りました。
その後、予約してある「藍屋」にてランチを食べな
がら交流をしました。
荒川の桜は日本100選に選ばれているとのこと
です。ご存知でしたか?






2017/4/2  第35回定期総会
       2017年4月1日(参加者18名
)

  年度始めである4月1日、1時半から
熊谷市手話通訳派遣事業利用者懇談会を
開催し、いろいろな意見交換がなされました。
その後、第35回定期総会を開催しました。
鈴木議長の元でスムーズに進行され、
昨年度の事業報告、決算報告、今年度の方針、
予算案等無事承認されました。役員改選も
一部変更もありましたが、ほぼ同じ体制に
なりました。
今年度もよろしくお願いいたします。





2017/3/21  熊谷市手話言語条例成立!
  (3月21日)参加者16名


 
   「みなさん ありがとう!」 拍手また拍手!
3月の熊谷市議会の閉会時、
熊谷市長富岡清氏が
自ら表した手話に感激、感動の拍手の花が!!

午前中には採択の見込みで、10時傍聴席に集合
しましたが、結局議事の合間に意見討議があった
ため、午後にずれ込みました。2時10分には
待ちに待った採決があり、満場一致で成立され
ました。
その後、全市議員を囲んで記念撮影をしました。
思えば、2年間かかりましたが、これで終わりでは
なくスタートなのです。皆さん、ありがとうございま
した。これからもよろしくお願いいたします。




2017/3/16   講演会・シンポジウム「金澤貴之氏」
   (3月16日)参加者 100数名

 
   熊谷市障害者団体連絡協議会主催の
企画として講演会・シンポジウムが開催されました。
まず、群馬大学教育学部教授金澤貴之先生から、
「障害者差別解消法」について具体的な例を挙げ
ながらお話を頂きました。最終的には、行政職員、
学校現場、そして私たちがもっと周知して行くことが
大切であるということです。一人占めして食べる
ケーキより、わけながら美味しいねと言い合える
喜びを味わえる社会のたとえ話になるほどと
思いました。
次に、各障害者団体を代表して、7名の発表者
から差別を受けた体験、皆さんに望みたいこと等
体験等、お話し頂きました。当協会から
田中遥香さんが実際味わった差別を通して
訴えたいことを具体的に話して頂きました。
パネラーの受けた差別の話に「エー!!」
「ひどい!」など反応があったそうです。
最後に、金澤先生から①諦めるのではなく国に
働きかけていくことが大切②県レベル、市のレベル
によって対応が異なるが、話していくことが
重要③市民への啓発も大切と話がありました。
時間が足りず、残念でしたが、次回に
つなげるような企画をしたいと思いました。






2017/3/13  茶和会
     (3月13日)参加者 27名

 
   今年度の最後の行事として女性部とあじさい会
合同茶和会が開催されました。まず、年間の
反省会ということで良かったこと、悪かったことを
一人ずつ話して頂きましたが、個人の感想ばかり
でした。中には月に1回のレポート報告が定着した
ので続けたいという意見や、宅配講座の回数を
増やして、知識を増やしてはどうかという意見も
ありました。その後、来年度の行事についての
意見交換がありましたが、今年度と同じ内容の
企画になりそうです。昼には、お弁当にお菓子、
美味しい苺、サークル会員からの差し入れがあり、
楽しい食事会でした来年度も交流を深めましょうと
いう挨拶で締めくくりました。担当者の皆さん
参加者の皆さんお疲れさまでした。



2017/03/05  合同セミナー
「アメリカ障害者事情と障害者差別解消法」
  (川俣郁美氏) 
      (3月3日)参加者57名


 
   今回の合同セミナーは「障害者差別解消法」と
いう固いテーマでしたが、なんと参加者が
年間行事の中で一番多かったでした。やはり
「段また段を成して」のナレーターを務められた
川俣郁美さんを見たかったのでしょう。
第1部では、川俣さんの講演会で、
アメリカ留学で見たアメリカの障害者の実情から
始まり、ADA法(アメリカ人をもつ障害者法)と
障害者差別解消法について、具体的な例を
挙げながらの話にわかりやすく、うなづいている
姿が多く見られました。
最後にまず自分が学び、教える、要望することが
大切と結んでいましたが、地域での働きかけの
重要性を強く感じました。
第2部の「そうだったのか?日本手話」では、
昨年度に続き、ろう者がよく使う手話で講習会
ではあまり使う機会がない手話をグループで
使用例を話しあって発表するやり方でしたが、
面白かった、楽しかった、自分の地域でも
やりたいという話も出たくらい好評でした。
予定より少しオーバーしてしまいましたが、
内容の濃いセミナーで、楽しく学べた1日でした。






2017/2/5  講演会
「軍艦島におけるろう者の生活」(吉田宏氏) 
         (2月4日)参加者56名

 
   CLパワーがすごく、 迫力たっぷりな話しぶりで
泣き笑いそして、もらい泣き!感激、感動の嵐!
あっという間に終った3時間でした。
福岡県からお越しいただいた吉田さんは全国を
あちこち回っている方ですが、なんと埼玉県は
初めてで今回の講演で関東制覇!と話されて
いました。
追っかけ吉田さんファンが栃木から群馬・東京・
神奈川など広範囲にわたる参加者がいて、
開始前には部屋の中が超満員になったため、
立ち見の方も何人かいました。肝心の講演は
軍艦島という名前から歴史の話までわかり
やすい手話で話していただきました。
軍艦島が廃墟になってから38年ぶりに観光が
出来るようになったのに、ろう者だからと
いって拒否されたケース、差別と闘って今のように
観光できるようになった流れについての話には、
ろうあ運動との共通点を感じました。
また、実際の軍艦島の生活の様子を写真や
動画を流しながらのお話にはまるで軍艦島の
ツアーに参加しているような錯覚を覚えた方も
たくさんいました。
特に、実際にろう者が生活していたことが判明
した時の話には涙なしでは観られませんでした。
全てを知ってもらうには6時間必要だそうですが
半分にまとめて話されたため、もっと軍艦島の
ことを知りたくなりました。
軍艦島だけではなく、昔今ろうあ者の生活や
日本の文化と中国の文化の違い等話題が
豊富な吉田さんのお話を聞ける機会を
また作りたいと思いました。なお、軍艦島での
手話によるガイドを希望される方は3ケ月前に
連絡してほしいとのことです。





2017/01/08  新年会
            (1月7日)参加者 32名


 
  今年初めての行事である新年会は、初めて市外
の深谷市で開催しました。
豪華な創作料理で有名で一幸という店で、送迎
バスも付いていて利用した方も何人かいました。
部屋の都合で、余興が出来ないため、グループ
対抗クイズ大会が記入式で行いましたが、
意外と難しく一位を取ったチームでも半分ちょっと
しか点数が取れない状況でした。
クイズ内容は私たちに身近な話題、例えば、
「熊谷うちわ祭りの山車・屋台の数は?12台?
13台?」で知っているつもりだったのに間違えて
しまってショック!!!
あいまいに覚えているところがあるのに気づかせ
てもらって良かったと思いました(笑)ちょっと遠
かったけど、美味しい料理に飲み放題を堪能
でき、お正月気分を楽しめた新年会でした。
幹事の皆さん、お疲れさまでした。

 







2016/12/26 フラワーアレンジメント教室
            (12月26日)参加者 13名


 
   スイトピーやカーネーションなどを使って洋風の
アレンジを教わりました。華やかなお正月が
迎えられます。
 
2016/12/26  お食事会
            (12月19日)参加者 38名


 
  伝言ゲームをしました。手話で伝言するのですが、
意外と伝わらなくて悪戦苦闘しました。お弁当では
たくさんの差し入れがあり美味しくいただきました。
 

2016/12/03  第3回教養講座
「映画監督して大切にしていること」今井ミカ氏

            (12月3日)参加者24名


 
   今年度の最後の教養講座で、現在活躍中の
映画監督今井ミカさんを招いて、お話を伺い
ました。「映画作りのきっかけになったお父様の
ビデオカメラの話から始まり、弟さんと一緒にミニ
映画を作り始めたエピソードは微笑ましく、現在の
エネルギーにつながっている強みというものを
感じました。
現在も映画作りに関わりのある会社に就職し、
企画作りから映像作りまで携わっており
その傍ら、個人的に映画作りを続けている話に
皆から「凄い」との拍手が。聴映画とろう映画の
違いを具体的な映像を流しながらの説明に、
皆も一緒に意見を出し合い、映画作りに参加して
いるような和やかな雰囲気でした。今井さんならば
の撮り方に、なるほどの連発でした。
最後には、今井さんの作品の一つである「あだ名
ゲーム」を見せていただき、、鳥肌が立つくらいの
恐怖に、場面の切替えも、全て完璧でした。
「ろう映画祭」を続けることの大切さを訴えていた
今井さんの瞳は輝いていました。また、今井監督
の作った映画を見てみたいと思いました。
今後の活躍を応援しましょう。



2016/11/14  合同日帰り旅行(群馬県)
      (11月13日)参加者22名


 
   今日の日帰り旅行は、こんにゃくパーク、連盟創
立70周年記念碑見学をしてきました。こんにゃくパー
クでは、こんにゃくカレー、こんにゃくラーメン、田楽
などバリエーション豊富なバイキングでした。
記念碑見学では、建立されたきっかけ、デザインの
コンセプトなと色々と勉強になりました。
とても楽しかった日帰り旅行でした。
                     (T・H)


(全日本ろうあ連盟創立70周年記念碑)

(こんにゃくパーク)


2016/11/12  第2回教養講座「皆川明子氏」
      (11月12日 参加者21名)


 
   ガン経験者である皆川さんからガンが見つかった
時からあらゆる治療を受けながら、豊富な知識だけ
ではなく、よりよい情報を得るためにも、手話通訳者
も大切な存在であるとお話していただきました。
がんは不治の病と言われており、死というイメージ
が強いですが、一人だけで悩むのでなくがん経験者
と情報を共有したりお互い励ましながら活動してお
られる皆川さんから前向きの姿勢の大切さを学び
ました。


2016/11/07  料理教室
      (11月7日くまぴあ)参加者25名

 
   今日は恒例の行事である料理教室をくまぴあにて
開催しました。
テーマは「健康のバランス食」です。栄養士さんに
ミニ講演をしてもらった後、グループに分かれて、
5品の料理を作りました。どれも普段作れない健康
に関する栄養たっぷりの料理ばかりでとても美味し
かったです。
家でも作りたいと思いました。

                       (Tさん)


2016/10/29  第27回ふれあい広場
        (10月29日)参加者25名

 
   
   前日は、12月並みの気温に雨で寒かったので
すが、今日は、秋晴れの青い空の下で楽しむ
ことが出来ました。ただ、強風のため、予定よ
り30分位繰りあげて閉会となりました。
販売開始が10時なので、9時半には買いたい
お客様の行列が!!不用品が多く心配してい
ましたが、安くて買い得の品物が多く、あっという
間に半分以上も売れてしまいました。有難いこと
です。
恒例の玉入れ・じゃんけん大会は、強風により、
中止となりました。
不用品をご提供して下さった皆さん、販売の
協力をして下さった皆さんへ、ありがとうございま
した。





2016/10/27  熊谷警察署手話講座
       (10月26日)参加者約100名
 
   昨年の懇談会で、手話講座を開催してほしいと
お願いしたところ、「今年は実施しますのでよろし
く」と連絡を頂きました。45分間という短い時間
でしたが、少しでも、聞こえない人の事や手話の
事を知ってもらう良い機会になったと思います。
快くこういう機会を作って頂いた警察署に感謝の
気持ちでいっぱいです。
来年も続けて実施してほしいですね。

 
2016/10/27  市・社協との懇談会
         (10月25日)参加者19名


 
  まず、富岡市長からの挨拶があった後、専任
手話通訳者の身分保障と防災について話し合い
ました。熊谷市手話通訳派遣制度がスタート
して19年になりますが、まだ正職員化されてなく
、常勤1名、非常勤1名の体制になっているので
、聞こえない人の生活を守る手話通訳者の身分
改善が重要であること、聞こえない人だけでは
なく、聞こえる人にとっても大切な手話通訳者で
あるということを話しました。去る8月に行われた
防災訓練において気づいたことを話しました。
危機管理室の方から、備蓄所にコミュニケション
ポード、筆談ポードを置いたとの話がありました
が、市民の方にも知ってもらう意味で、内容を
公開してもらうようお願いしました。なかなか厳
しいですが、来年につなげるよう懇談会を継
していきたいと思いました。





2016/10/27  社会見学(森林セラピー群馬県上野村)
                         
(10月24日)参加者13名

 
   今日、初めて森林セラピーにろう者4人・聴者9
人参加しました。
お昼はまわりの景色を見ながらお弁当を
食べました。お弁当のおかずの中で紫の
長いぶどうがあり珍しくとてもおいしかったです。
もう一つはおまじゅうで中はみそのクリームが
入っていて珍しいものでした。
ガイドの方の木の説明をいろいろ聞きました。
サロンパスの匂いがする木を削ってはったり
煎じて飲んだりして昔の話を聞きました。

                                                  (Aさん)






2016/10/23  第1回教養講座(桑原絵美氏)
              (10月22日)参加者23名


 
   今年度の講座は、北朝鮮に8回も訪問したこと
がある桑原絵美さんをお招き、最新情報をお聞
きしました。
まず、「北朝鮮ってどんなイメージ?」という質問
から始まり、拉致、ミサイル等のマイナスイメージ
だったので、写真や動画を交えながらのお話で
イメージがずいぶん変わりました。
北朝鮮ではろう学校が8校もありますが、なぜか
首都の平壌(ピヤンヨン)にはないとの話でした。
ろう学校を視察したい場合、相手からの招待が
ないと見れないそうですが、桑原さんのおかげで
少しでも、現在の様子を知ることができました。
日本の40年位前の職業科とすごく似ていたのに
驚きました。口話教育と思われがちですが、
実際は手話科目も取り入れており、もちろん
手話のできる先生もいらっしゃるとの話でした。
朝鮮ろう協会、手話通訳協会の規約には、
手話をろう者とは言語として使用者していると
書かれています。
北朝鮮のろう者たちは、日本に行きたいという
強い憧れがあるようです。
来年の5月に北朝鮮ツアーがあるので、興味の
ある方は参加してみてください。















2016/10/5  懇談会(消防署・警察署)
              (10月4日)参加者21名


 
   昨年は、情報の共有のために市、社協、消防
本部、警察署合同の形での懇談会を開催しまし
たが、今年は、日程の調整がつかず、消防本部
警察署との懇談会になりました。司会はろう者
協会の中西さんで、まず消防本部から119FAX
の説明をいただきました。それから、手話講座と
危機管理を中心に意見交換が行われました。
ろう者としては外出先からでもメールできるよう
に去る3日の読売新聞に載った、東京警視庁が
全国で唯一導入している「110番アプリ」を
熊谷警察署に、「スマホ119」を熊谷市消防本部
にも導入してもらえるようにお願いしました。
災害に対する配慮についても筆談する時、
感じる日本語のズレも含めてお話できたので、
お互い理解できたようで、良かったです。
警察署でも今年は初めて手話講座を開催して
いただくことになり、有意義な懇談会になりま
した。
次回は10月25日に市、社協との懇談会が
あります。








2016/10/2  どんぐり大バザーin羽生

                           (10月2日)参加者14名

 
   毎年秋にはどんぐり大バザーが開催されますが
、今回は、県北の羽生市水郷公園で実施されま
した。各地域からゆるチャラの羽生市ムジなもん
にがまんちゃん、熊谷市のニャオざねも参加し、
にぎやかでした。子供連れの参加者には人気で
ニャオざねと記念写真を撮っている人が
いました。残念ながら出店数が目標の半分
しかなく20店でしたが、一生懸命頑張りました。
近くに羽生水族館があり、どんぐり大バザーにも
寄ってくれた方もいました。イベントの目玉でも
あったグルメコンテストでは、埼玉県聴覚障害者
協会の焼鳥が優勝しました。
参加した方へ
大変お疲れ様でした。





2016/08/27  熊谷市総合防災訓練
                           (8月27日)参加者 4名

 
   今日の防災訓練は台風が関東に上陸される
不安定な天候の中を予定通り実施されました。
本部長である富岡市長の挨拶から始まり、
実際の避難訓練では放送の内容を
スケッチブックで書いてもらって誘導してもらう
形でした。福祉会館に展示されている聴覚
障害者のための防災グッズも紹介され、
市議員からの問い合わせもあり、好評でした。
雨が降っていることもあり、予定時間より早めに
訓練を終えました。実際、地震や災害が
起こった時の手話通訳者がいないことを
想定した訓練が出来た意味でいい経験が
できました。









2016/08/13  第67回熊谷花火大会
                           (8月13日)参加者6名

 
   恒例の第68回熊谷市花火大会が8月13日に
予定通り開催されました。
熊谷市ろう者協会•熊谷手話サークル合同で
花火メッセージを初めて申し込んだことから
手話通訳者の席を設けていただきました。
花火は5番目に打ち上げられ、「熊谷市にも
日本手話言語条例を」と放送されましたので、
多くの方々に必要性を感じてもらえたらと
期待しております。メッセージ花火の申込者席が
あり、そこでろう者5名が座り、花火を楽しみ
ました。約40万人の見物者が
集まったようでした。来年もこのような場所で
楽しめたらよいなぁと思いました。






2016/07/30  合同納涼会
              (7月30日) 参加者 32名


 
   納涼会は熊谷名物の「甲子園第二球場」
居酒屋で行われました。
料理はお刺身や煮込み、焼き鳥など庶民的な
ものが出され、ビールやジュースなどは飲み
放題でした。ゲームでは聖徳太子ゲーム、
熊谷市民検定クイズ、元号予想ゲームをやり、
参加者全員が参加してのゲームだったので
大いに盛り上がりました。
8時半までの予定でしたが、最後にあいさつに
来た店長の粋な計らいで9時まで楽しむことが
できました。






2016/06/27  出前講座「食の安心・安全」
              (6月27日) 参加者 30名


 
  毎年開催している出前講座ですが、
今回は自分たちの健康に関心を持ってもらう
ために 農林水産省関東農政局消費・安全部
消費生活課の田村先生より話を伺いました。
人は活動するためのエネルギー源
になるものを
体の外部から取り入れないと生きていけない
とパワーポイントを使いながらのお話はわかり
やすくて好評でした。当たり前のように食べて
いる食べ物にもっと関心を持ちたいと
思いました。
 
2016/06/27  どんぐり後援会学習会 

 
   1年ぶりの後援会学習会
■6月20日(月)10時~12時 
熊谷市障害福祉会館 参加者29名
■6月25日(土)10時~12時 
妻沼公民館 参加者16名
今回は、ななふく苑、ふれあいの里どんぐりで
頑張っているろうの職員を招いて、施設での
ろう者の生活について話を伺いました。
色々な支援の中でろう者がより豊かな生活を
送れることがわかり、有意義な学習会に
なりました。
ふれあいの里どんぐりの仲間が作ったパン、
クッキーの販売も同時に行い、あっという間に
売れてよかったです。






2016/05/28   手話言語条例学習(くまぴあ)
              (5月28日) 参加者 47名

 
  今年の3月に埼玉県手話言語条例が成立され
たのを機に、「熊谷市にも日本手話言語条例
を!」 学習会を開催しました。(一社)埼玉県
聴覚障害者協会の代表理事の小出真一郎氏
をはじめ、市議員の方、社協の方の参加が
ありました。
市議員の方々からも県の条例と市の条例の
違い、日本手話と日本対応手話の違い等に
ついての積極的な質問があり、これからも
学習会を重ねて理解を深めていくことの大切さ
を感じました。
今回参加できなかった行政側、医師会等、
市議員の皆さんに簡単な報告書を作成して
お届けしたいと思っております。今後とも
ご協力をよろしくお願いいたします。






2016/05/07   手話言語条例学習会
              (5月6日) 参加者 23名

 
   群馬県聴覚障害者連盟副理事長堀米泰晴
氏にお越しいただき、「群馬県手話言語条例
前橋市手話言語条例が施行されるまでの経過
について」わかりやすくお話していただきま
した。その上、条文の
細かい部分での解説も
あったので、本当に参考になりました。
これからは、市議員さん、行政側ともよく
話し合いながら、熊谷市に合った条例を
作っていきたいと思いました。


2016/04/04  お花見ウォーキング
               (4月4日) 参加者 28名

 
   お花見を楽しみにしていたのですが、
雨のためいつものサークル例会で行いました
その後、お楽しみのランチということで藍屋に
移動し、28名がそれぞれ注文したランチを
頂きながら楽しいランチタイムを楽しみました
いつの間にか晴れてきましたが、花見が
出来ず、解散しました。来年こそお花見が
出来ますように。



2016/04/03  第34回定期総会
               (4月2日) 参加者 23名

 
  4月2日、新年度初めの行事ということで、
第34回定期総会を開催しましたが、23名の
参加がありました。昨年度の報告から始まり、
決算報告、今年後の行事案、役員改選が
ありました。
役員は少しの入れ替えがありましたが、
ほぼ同じ体制になりそうです。
今年度も頑張りますので、どうぞよろしく
お願いいたします。
 
   「大震災、我々は何をすべきか」
    さくらめいと会議室(3月20日) 参加者 69名

 
   3月11日の東日本大震災を忘れないために
熊谷市障害者団体連絡協議会主催で講演会を
開催しました。情報バリアフリー・アドバイザーで
ある中園秀喜氏を招いて、お話を伺いました。
「震災や災害時に障害者も健常者にも区別が
つかないのでもっとの大切さを自分をアピール
してほしい」「何もしないと始まらない」という話が
印象に残りました。熊谷市議員、中野区議員の
方々の参加もあり、行政、議会を交えての行動
、そして市民と共に学習しながら、「住んで良か
ったと思える熊谷市」にしていきたいと改めて
強く思いました。参加者の皆さんお疲れさま
でした。






2016/3/7   茶和会
           障害福祉会館(3月7日) 参加者 36名

 
   女性部&あじさい会として今年度最後の
行事である「茶和会」が今日、開催されました。
参加者から一人ずつ一年間の反省を
出していただいた後、来年度の行事・役員
募集等について話し合われました。
最後には、美味しいお弁当やお菓子の
差し入れ等で楽しい雰囲気の中で頂きました。
一年間お疲れさまでした。
来年度もよろしくお願いいたします。
 


 2016/3/5  第8回合同セミナー
くまぴあ創作ルーム304
(3月5日) 参加者39名


 
   4年振りの合同セミナーは
初めて利用したくまぴあ創作ルームにて開催
されました。
まず、合同合宿から始まった合同セミナーの
歴史について紹介がありました。
「そうだったね」「なつかしい」との話も!!
名物の手話スピーチコンテストから開始!
3分以内、音声なしというルールで6名の
出場者で争うものですが、どれも素晴らしい
内容でした。
皆さんの投票から選ばれた優勝者に
支会会長、サークル会長から賞品が
贈られました。優勝した方のビデオを
再生して内容を皆で確認し合いました。
二つめの目玉である「そうだったのか!
日本手話」はろう者が良く使う手話の
使い方を6グループにて話し合われた内容を
発表する内容です。「ちょっと違うのでは?」
「こういう感じならわかる」等活発な
意見交換があり、初めての参加者でも
わかりやすい内容になってよかったです。
来年も、同じ会場でこのような企画を続けて
ほしいとの声がありました。
参加者の皆さんお疲れ様でした。





2016/1/17   合同新年会
  「わたみん
家」 (1月16日) 参加者 26名


 
   新年会は熊谷駅前の居酒屋「わたみん家」で
行われました。
夕方5時からという早い開始時間でしたが、
3時間で飲み放題ということで参加者は最後
まで思う存分に飲んだのでした。
ゲームも行われ、テーマは「本当の話は
どっち?」で、参加者の各人が実際に体験した
話と、実際は体験してない
嘘の話を出して、どっちが本当の話かを参加
者に当ててもらうゲームでしたが、 意外な答え
に参加者のほとんどがびっくりしたのでした。
最後にプレゼントがあり、鍋つゆや冷蔵庫用
消臭剤など、家での生活に必要なものがほと
んどでしたが、中にはトイレットペーパーも
あって、参加者同士でプレゼントをのぞきあい
ながら楽しそうに話し合ったのでした。

 

2015/12/20   2015年度 第3回教養講座
  中山慎一郎  (12月19日) 参加者 15名


 
   今年度最後の教養講座は中山さんに
「国際手話通訳者としての活動を通して」と
いうテーマでお話していただきました。
第11回世界ろう者会議(1991年東京)が
きっかけで国際手話通訳者として活動が
始まったという話から海外での通訳以外の
ハプニングの話まで面白おかしく話されたので
楽しかったです。
ド・レペ氏が建った世界初のろう学校、
具体的語彙、抽象語彙、手話の仕組みに
ついても幅広い内容で興味深いものばかり
でした。国際手話を覚えるためには、いくつか
の条件がないと活動が難しいとのことで、
皆も納得したようです。参加者の皆さん、
参加していただき、ありがとうございました。
来年度の教養講座も楽しみにしてください。


2015/12/18   合同クリスマス会
          (12月16日) 参加者 34名


 
  今年最後のイベントとして楽しいクリスマス
会が開催されました。今回は女性部と
青年部が一緒になってゲームや買い物を
して企画しただけに盛り沢山の内容に
なりました。特に聖徳太子ゲームには
チャレンジ満々で盛り上がりました。
最後には来年もよろしくと締めくくりました。
 



 

2015/12/05   合同日帰り旅行「大人のバスツアー」
           (12月05日) 参加者21名


 
   出発時間になっても参加者の1人が現れず・・・
やっと駆け足でやって来た参加者がバスに
乗った後無事出発してホッと!
さあ、目的地の「たくみの里」(群馬県)へ
レッツゴー!
バス内では手作りのビンゴゲーム、似顔絵
ゲームを楽しみました。
たくみの里では、希望者でリース作りをしたり
卵かけごはんを食べたりと参加者それぞれ
楽しんでいました。
次は原田農園へ
キノコずくめの昼食を堪能した後、野菜詰め
放題に挑戦!
小さいビニール袋に人参、玉ねぎ、じゃかいも
を目いっぱい詰めようと必死に!中には
13個も入れた人もいて皆から凄いと褒められた
人もいました(笑)
最後に道の駅白沢・望郷の湯へ!
希望者は湯に浸かって1日の疲れを
癒しました。
晴れたおかげで群馬の自然を楽しめることが
出来て良い思い出が出来ました。
企画の担当の皆さん本当にお疲れさまでした。






2015/11/30  出前講座「マイナンバーについて」
           (11月30日) 参加者34名


 
   マイナンバーについて
熊谷市情報政策課の方がお越しになり、
まず、DVD上映の後、わかりやすく説明
していただきました。
参加者からたくさんの質問がありましたので
参考までに紹介します。
1)いつ届くのか?
→市内では、12月13日までに届く予定   
2)顔写真付カードは申し込まなくてもいいですか
→)個人番号カード(顔写真付のカード)について
1回目の交付は無料です。お申込みは、
任意です。
マイナンバーは、住民票のある全ての方に
郵送される「通知カード」で確認可能です。
機能)
・マイナンバーを記載する手続きで、
1枚で本人の身元確認と個人番号確認が
1枚で出来ます。
・身分証明書  他の身分証明書と
異なる点・・・性別が記載されています。
・コンビニ交付  平成28年度中に実施する
目標で、準備中です。
・電子申請e-TAXなどの確定申告などに
使えます。
・マイナポータル  自らの情報のやりとりが
わかります。
詳しくは、「個人番号カード総合サイト」
https://www.kojinbango-card.go.jp/
を御覧ください。
聴覚障害者向けの情報はこちらの
ホームページにあります。ご覧ください。
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/
bangoseido/contact_tyoukaku.html


 
2015/11/14   2015年度 第2回教養講座
  モンキー高野氏   (11月14日)参加者36名


 
   4年ぶりで2回目の講演でしたが、
今回は「世界旅行体験記」のテーマで
面白おかしく、ツアーでは味わえないユニーク
なエピソードをお話ししてくださいました。
昨年の年末から2週間、ペルーのリマ・クスコ・
プーノ・マチュピチュ、ボリビアのラパス・
ウユニ を回ってきたときのハラハラ、
ドキドキの話に引きこまれた私たちは
涙が出るほどの爆笑の連続でした。
最後に、花束を贈呈し、記念写真を撮りました
楽しい講演をありがとうございました。

 

2015/11/02  料理教室&ミニ講演
                      (11月2日)参加者20名


 
   熊谷市保健センターの管理栄養士さんを
お招きし、まず、摂取エネルギー(食べる+
飲む)と消費エネルギー(基礎代謝+活動)
のバランスについてパネルを使いながら
のお話を伺いました。
その後、4組に分けられて、桜エビの焚き
ごはん・ロールキャベツ・小松葉のごまあえ・
わかめのすまし汁・どら焼きを作りました。
皆で作った”昼ごはん”は格別に美味しかった
です。
栄耀のバランスのとれたメニューで、家でも
作りたいと思いました。




2015/10/24  第26回ふれあい広場
                  (10月24日)参加者32名

 



   秋晴れの下で第26回ふれあい広場が
熊谷スポーツ公園にて開催されました。
参加者は32名で、10円から300円までの
金額のせいかお年寄りの方に人気があり、
あっと言う間に売れました。団体紹介
当支会から田中智佳子さんが話し、
好評でした。協力していただいた皆さん
お疲れさまでした。

 

2015/10/21  朝霞市日本手話言語条例について
      戸田康之氏 (10月21日)参加者50名

 
   去る9月24日に全国で初めて
「日本手話言語条例」が採択されたと
いうことで、朝霞市聴覚障害者の会会長の
戸田康之さんにお越しいただき、
「朝霞市日本手話言語条例」について
お話をしていただきました。
パワーポイントを使いながらの話で特に
ろう学校での子どもの手話のビデオから
日本手話が自然に習得されている様子が
よくわかりました。講演会には、市議員の方、
熊谷市職員の方も参加しておられ、真剣に
耳を傾けていました
。世界ろうあ連盟のホームページにも
「日本手話」と表記されているという話が
印象に残りました。
朝霞市の条例が埼玉県のモデルになり、
熊谷市にも、一日も早く実現できるように
頑張りたいと思いました。



2015/10/10   2015年度 第1回教養講座
 「ろうの看護師として目指すもの」
      皆川愛氏 (10月10日)参加者31名

 
   生い立ちから始まり、看護の道を志した
理由等・幅広く、わかりやすくお話をして
いただきました。皆川さんが話された
「情報は力」という言葉が印象に残りました。
また、医療者に伝えて
おくべき5つの事を教えてもらったので、
これだけはきちんと伝えられるようにしたい
思いました。
 ①いつから
 ②どこが
 ③どのように、どのくらい
 ④それによる影響はなにか
 ⑤どうしてほしいか?
皆川さんが目指している看護を応援したく
なった講演会でした。



2015/9/28   社会見学(小川和紙)
                              (9月28日)参加者24名
 
   ユネスコ無形文化遺産である
「小川町和紙体験学習センター」
見学したり、体験したりして有意義な時間を
過ごしました。
なんとセンター職員が手話で「ようこそ!」と
表し、自己紹介も手話でした。
その後、2組に分けられて、2時間
”和紙の世界”を楽しみました。
お楽しみのランチの時間は、「武州めん」と
いうお店で、手作りのうどんとそばを堪能
しました。





2015/9/13   防災セミナー
                              (9月12日)参加者47名
 
  熊谷市障害者相談支援センターからの
委託で東日本大震災を体験なされた
小泉正壽氏(一社)宮城県聴覚障害者協会
会長)のお話を伺う防災セミナーを実施
しました。実際の様子を載せたパワー
ポイントを流しながらの説明に、皆さんも
真剣に見ていました。新聞やテレビで
知っていたつもりでしたが、聞こえない人の
体験談は強く心に残りました。小泉さんからの
「災害は忘れたころにやってくるので、
日頃からの準備をしてほしい」との話が
印象に残りました。
 
 
 
 2015/9/7  青年部BBQ
                              (9月5日)参加者17名
 
   初めてのBBQ企画をして
天気に恵まれ、参加者達と一緒にBBQを
進める事が出来ました。無事BBQを終えて
良かったです。
BBQに参加頂き、ありがとうございました。
 

2015/8/21   市議員との懇談会
                              (8月20日)参加者16名
 
  先日行われた市議員選挙において
公開質問状を提出したこともあり、
 初めて市議員との懇談会を開催しました。
新人市議員の参加もあり、和やかな雰囲気で
意見交換が出来て良かったです。差別を
受けた経験等ろう者の生の声を聞いて
くださり、市議員の方々からもご質問や
ご意見が出され、お互いに情報共有できて、
有意義な懇談会でした。
「手話言語条例」に関しても、前向きな姿勢が
見られ、私たちも頑張ろうと気持ちを新たに
しました。
改めて、市議員の方々に理解していただく
ことの大切さを実感した1日でした。

 

2015/8/6   合同懇談会
              (8月6日)参加者21名

 
   初めて市・熊谷警察署・消防本部・社協との
合同懇談会を開催しました。昨年まで別々に
行っていた懇談会でしたが、共通理解と
共通認識のために合同で開催したものです。
熊谷市ろう者協会の事務局が司会として
進められ、お互い情報共有ができて
意義深い懇談会となりました。
主に障害者差別解消法・手話言語条例に
ついて、事例を含めながら話したので、
少しでも理解して頂けたと思われます。
来年も同じような形で実施したいと話し、
閉会となりました。

 

 2015/8/1  合同納涼会
              (8月1日)参加者30名

 
  猛暑が続く中で開催された納涼会は、
ゲームから、怪談&快談もあり、
盛り上がりました。サークルの方からも
感動実話が披露されたり
、お笑いマジックも・・・・
最後には、鳥肌がたつほどの
心霊写真が披露されましたが、しまいには、
「どっきり成功!」の画面が・・・見事に
騙されました(笑)
実は、会場の裏にお墓があるので、
鳥肌が立った人もかなりいましたよ!





 2015/07/06  「ハワイからアロハ!」ミニ講演
              (7月6日)参加者26名


 
  ハワイ聾学校で働いている池田さんが、
たまたま日本に帰っていたので
ミニ講演をしていただきました。
時間が短
かったのですが、質問に答えて
いただいたので、日本とハワイの文化の
違いがわかり、よかったです。
 
2015/06/15   手前講座(熊谷人物ものがたり)
              (6月15日)参加者27名

 
   今日は、熊谷市社会教育課市史編さん室
主査の蛭間健悟さんにお越し頂き、
熊谷の三偉人斎藤実盛氏、熊谷直実氏、
荻野吟子氏について、パワーポイントにて
わかりやすく説明していただきました。
参加者は27名でした。
斎藤実盛という有名な武士という方を
知ってる方はと聞かれた時は誰も手を
挙げられなかったのですが、実は、
妻沼の聖天様に斎藤実盛の銅像が
あります。
直実が扇を持ち上げ馬に乗ってる銅像が、
熊谷駅前にありますが、扇を持つ理由を
説明していただき、なるほどと思いました。
熊谷寺に入る前の坊さんになられた
理由もわかりました。
最後にはいくつかの質問に
答えていただくことが出来、充実した
「歴史」の時間でした。


 
2015/05/18   合同ハイキング(謎解きゲーム)
              (5月18日)参加者23名

 
   天候に恵まれて、12ケ所のポイントを
目指しながら楽しく散策できました。
まず、福祉会館に集合して、
オリエンテーションを受けた後、
4グループに分かれて、
ポイントに向かいました。ポイントには
1枚の文字がつけられてあり、
その字を組み合わせた言葉がわかったら
終了です。なんとその言葉がゴールの
場所であり、ランチを食べるところでした。
スバリ答は「市民食堂」でした(笑)
約5K、約5,000歩歩いたことになります。
最後には参加賞にペットボトルカバー
ミニタオルをいただき参加者を
喜ばれました。
ユニークな企画をしてくださった
担当の皆さんお疲れさまでした。



2015/04/22   「上州ろう太鼓のロシア遠征と
 国際交流」講演会
     (4月22日)35名

 
  群馬県の吹野昌幸さんが去る9月に団長と
してロシアに行ったお話を面白くおかしく
お話ししてくださいました
参加者からは「ロシアに行ったみたい」
「動画も見れて良かった」との声がありま
した。
吹野さんのファンなのか群馬からの
参加者が多かったです。
ロシア旅行を企画したきっかけから帰国
までの様子をハプニングも交えてのお話に
もっと聞きたい方もいたようです。
お疲れ様でした。

 
2015/04/06   お花見会(4月6日)19名

 
  曇りのち雨という天気の予報で心配して
いましたが、爽やかな天気で、お花見を
楽しめました。桜だけでなく、菜の花も
迎えてくれました。
記念写真の後、桜の吹雪を浴びながら
ゆっくり散策していました。昼食はいつもと
違って、藍屋で、集まり、事前に注文した
ランチを召し上がりました。
明日からは天気が崩れるとか、
今日が最後の花見日和で良かったです。

 

2015/03/15  合同セミナー(3月15日)57名

 
   「日本に来てわかったこと」
マーティンさんが日本に来日してから2年、
日本での生活で感じたことをありのままお話
していただきました。なんと日本語検定2級を
お持ちの彼が書いた漢字は何と日本人でも
簡単には書けない「薔薇」の漢字でした。
その後、青年部のメンバーとのトークで
恋愛が中心でしたが、アメリカと日本の違いが
わかると爆笑の輪が!!!
最後にはわかりやすい
「ミニアメリカ手話教室』でした。最初か
ら最後までなめらかな日本手話で語って
くださったマーティンさん
ありがとうございました。
 



2015/03/10    女性部&あじさい会の茶話会(3/9)28名

 
  今年度の反省から始まり、来年度の行事案
などみんなで意見を出し合いながら話し合い
ました。昼には豪華?な弁当に皆さんからの
差し入れもあり、楽しい雰囲気の中で食べるこ
とができました。食べきれず、土産に持ち帰る
人も何人かいました(笑)
 
2015/02/26   「手話言語条例・情報
コミュニケーション法」についての勉強会


(2/25)27名
 
  (一社) 埼玉県聴覚障害者協会理事長 
小出真一郎氏をお招きして、分かりやすく
お話ししていただきました。「手話が言語で
ある」と認識された経過から、これからの
取り組みについて特に私たちが何をする
べきかヒントを頂きました。
 
2015/01/18   合同新年会(1/17)

 
   去る1月17日に行われた新年会には
31名の参加があり、新年会にふさわしい
懐かしい正月遊びが再現されたゲームから
始まり、グループ対抗クイズ大会で盛りあが
りました。
ゲームでは、サイコロを使ってのすごろく
福笑い、羽根つきがあり、大当たり、当たり
のお年玉を当てられた方は嬉しそうでした。
 
2014/12/28  生花教室(12/29)

 
   今年最後の行事でしたが、
みんな、生花に集中して素敵なアレンジが
出来上がりました。
みなさん、お疲れ様でした。
 
2014/12/18   合同クリスマス会(12/17)

 
   今年最後の例会はクリスマス会で
40名程の参加がありました。
今回は立正大学の学生さんがゲームを
担当して下さり、漢字あてゲームや「誰か
何をした」身振りゲームを楽しみました。
結構難しかったのですが、頭の体操が
できた一日でした。
 
2014/12/16    お食事会(12/15)

 
   一足早いクリスマスお食事でした。
29名の参加者があり、楽しいゲーム、
美味しい弁当にいろいろな差し入れもあり
盛りたくさんでした。
クリスマスムードを楽しめて良かったです。
 
2014/12/10  衆議院選挙(埼玉)DVD政見放送を見る会

 
   党によって手話通訳・字幕をつけたところも
あれば字幕のみのところもありました。
熊谷は埼玉12区なので、その候補者の演説を
手話通訳・要約筆記を通して知ることが
できました。
 
2014/12/6   ろう者のための教養講座(第3回)(12/6)

 
   2014年度の教養講座3回目の最終日でした。
まず、自己紹介から始まり、人形劇と
出会うまでのエピソードを1つ1つユーモア
たっぷりお話をして頂きました。
初デビューを果たした桃太郎の人形を
使いながらのお話に皆さんも人形劇の
雰囲気を楽しむことができました。


善岡 修氏
2014/11/26  アジア地域代表会議報告会(11/26)

 
   去る8月にマカオへアジア地域代表会議、
11月はタイへアジア青年部キャンプに参加
した当会員の中西潤さんから報告を
いただきました
アジアのろう文化の違い、交流、ゲーム、
会議についての話があり、自分まで外国に
行ったような雰囲気になりました。
 
2014/11/24    料理教室(11/24)

 
  熊谷市に住んでおられる料理研究家の
久保典子さんを招いて、料理教室を開催
いたしました。
祝日であったにもかかわらず、皆で楽しく
作れて良かったです。
来年はぜひ、多くの男性の方のご参加を
お願いします。
 
2014/11/11   市民活動団体ロビー展示(11/11~14)

 
  本日より市役所ロビーにて
市内活動団体の活動の様子が
パネルにて展示されています。

追記
熊谷市役所の裏側に改修工事が始まります
26年11月~28年3月末までです。
改修工事完成図pdf
 
2014/11/8   ろう者のための教養講座(第2回)(11/8)

 
   「ろう者として起業するということ」のテーマで
柳匡裕氏にお話していただきました。
今までの講演会ではろう運動や歴史等が
主でしたが、今回はビジネス向けでしたので、
新鮮な内容で気づかなかった面が多く
わかりやすかったです。
すごい刺激を頂いた講演会でした。
オーナーである柳さんのスープ店に
まだ行ってない方は是非お時間を
作ってお立ち寄りください。

http://signwithme.in/

 
柳 匡裕氏
2014/10/29  健康懇談会(10/29)

 
  埼通研健康プロジェクトチーム主催の
「健康懇談会」が開催されました。
ストレッチの大切さから「心も体も元気に」と
いうテーマで質問方式でみんなでストレッチ
解消方法について話し合いました。
 
2014/10/25   自治会防災訓練(広瀬)(10/25)

熊谷商業高等学校にて行われた広瀬自治会の
防災訓練に初めて参加させてもらいました。
担架の運び方から応急手当、AEDの扱い方
などの講習を熊谷消防本部の方々から教えて
いただきました。
 
     
2014/10/25   第25回ふれあい広場(熊谷スポーツ文化公園)

秋晴れの下、熊谷ドーム前でふれあい広場が
開催されました。
同時に高等学校の陸上大会もたくさんお見えに
なられ、盛り上がった一日でした。
 
     
2014/10/20  社会見学会(池袋防災館)(10/20)

 
  池袋防災館4Fに入ると、「こんにちは」と
手話であいさつされたので、緊張感が
ほぐれてよかったです。
まず、説明員から「消火の扱い方」「煙の中
での避難方法」をご丁寧に説明して
いただきました。
その後、地震コーナーへ移動し、
‘震度7‘の実体験をしました。
最後に、東日本大地震時の津波・家屋
倒壊等の映像を見せていただき、地震の
怖さを改めて感じました。
 
 2014/10/18  ろう者のための社会教養講座(第1回)(10/18)
 
  今年度の第1回目は
「聾史入門」のテーマで日本聾史学会会長
當間正敏さんを招いて4つの歴史の事実に
ついてわかりやすくお話しをして頂きました。
主に近代の歴史が中心でしたが、
通訳の始まりからろう者の背景など
興味深い内容でした。
 
當間正敏氏
2014/10/04   日帰り旅行(茨城県)(10/4)

 
   台風上陸前日で天候が心配されましたが、
当日は穏やかな秋日和になりました。まず、
国営ひたち海浜→めんたいパーク→
予科練記念館へ向いました。
めんたいパークには東日本大震災時の津波の
高さを示すラインがあり、
改めて震災の恐ろしさを実感しました。
予科練記念館では、ガイドの説明後、
見学しましたが、若い予科練生が日本の
ために命を捧げたあの時代の辛さを
考えさせれました。
いつまでも平和でありたいですね。

 
2014/09/10     懇談会の反省会(9/10)
7月~9月に開催した市長、社協、消防本部、警察署との懇談会について、反省会を行いました。今回は、消防本部、警察署の懇談会を初めて行ったので、お互いに理解できる部分があってよかった、継続していきたいとの声がありました。
皆さんお疲れ様でした。
 
  2014/08/30 熊谷市総合防災訓練(8/30)

谷荒川緑地自由広場にて開催された防災訓練は残暑の中で700名の参加がありました。
防災バンダナを着用し、耳がきこえないこと
を理解してもらうようにと放送を流していただきました。
尚、防災訓練は、2年ごとに開催されています。
 

 2014/07/26 納涼会(7/26)

昨年の会場であったキングアンバサダーホテルが好評だったので、今年も利用させてもらいました。
バイキング形式でしたので、豊富なメニューを堪能しながら楽しいゲームをしたりと楽しい一時を過ごすことができました。

 
 2014/6/25  どんぐり後援会学習会(6/25)

6月25、28、30日の3日間、手話サークルの場を借りて、「施設が経って変わってきた仲間たちについて」ななふく苑の佐藤主任を招いて話をしていただきました。具体的な事例を挙げてのお話に共感を持った人もいました。



 
 2014/6/23  出前講座「収納の工夫術」(6/23)

毎年お願いしている出前講座ですが、今回は暮らしをテーマにしたものでしたので、皆参考になったようです。また、性格にも関係しているようですね。

 
 2014/05/19  合同ハイキング(群馬県館林市)(5/19)

日差しのいい天気に恵まれたので、
気持ちよくたぬきで有名な茂林寺まで歩いて行きました。
ザ・トレジャーガーデン(バラ園)でヨーロッパ風のハウスがありますが、そこで昼食をとり、バラをバックに記念写真を撮りました。

 
 2014/04/07  合同お花見会(さきたま古墳公園)(4/7)

いつもは荒川でのお花見をしていましたが、今回はさきたま古墳公園まで足をのばして行きました。
古墳に詳しいガイドさんにも同行してもらい、案内していただきました。
桜の木の下での昼食は野外授業のような気分でした。

 
 2014/04/05
 第32回定期総会(4/5)

パワーポイントを使いながら経過報告、決算報告等を行いました。
初めての参加者がいたので、紹介もしてもらいました。
また、新しく役員になられた方もいて、心強く思いました。

 


トップページへ