1.むし歯の場合
2.歯槽ノーローの場合
3.根の治療の場合
4.補綴治療の場合
5.インプラントの場合

歯をダメにしない
治療をうけるには

map.jpg

banner

●ポイント

最も大切な事は

歯を治療をしないこと

削らないこと

抜かないこと

すなわち予防することです。

Key Wordsは上記の3つです。

人間は自然治癒能力があるので

その能力を高めることが

大事です。

「むし歯も例外ではないのです」


●むし歯の場合

一言でいうと、”歯をできるだけ削らない”、
一度削った歯は元に戻りません。

初期のむし歯は管理ができれば進行しません。
毎日の食事、生活様式を予防歯科の先生に相談しましょう。

この程度のむし歯は予防によって“自然治癒”します。

photo01.jpg

サンプル画像:この程度のむし歯は削らなくてもよい画像

むし歯は自然に治るのです

あなたは痛い治療と痛くない予防のどちらを選びますか?

戻る

 


●歯槽ノーローの場合

歯槽ノーローの治療は歯ブラシで始まり、歯ブラシで終わります。

歯槽ノーローはほとんど治ります。よほどの場合でない限り抜歯の必要はありません。

治療後も必ず定期検診を受けましょう。

症状が出てからでは遅いので、できるだけ早く検査を受けて
ください。

治療は初期であれば痛くありません。

戻る

●根の治療の場合

レントゲンの写真を必ず見せてもらいましょう。
根の先まで白い部分が入っていれば大丈夫です。
細菌が完全になくなったかどうか細菌検査をして
もらいましょう。


↑治療前のレントゲン写真 この部分に膿がたまっています


↑治療後のレントゲン写真 完璧な治療で治ります

細菌検査とは「チェアーサイド嫌気培養検査」ができる歯科医院を言います。

戻る


●補綴治療(かぶせる)の場合

保険治療ではダメになる可能性が高い。保険治療での寿命は
約2年です。

自費治療の場合は最低5年間は保証してもらいましょう。


↑保険治療での補綴治療写真


↑自費治療での補綴治療写真

自費治療は自費治療専門医院または技術レベルの高い医院を選びましょう。

戻る


●インプラント治療の場合

自分の歯と同じように歯槽ノーローになるので
ブラッシングが大切。

必ず定期検診を受けましょう


●歯をダメにしない治療を受けるには

きちんとした歯科医院を選びましょう。

ブリッジは何でもない歯を削りますが、インプラントは
歯の無い所だけに入れますので、歯を削ることはありません。

ブリッジとインプラントの違い

●ブリッジ
 ブリッジは左の写真においては、歯のない部分のとなりの歯を削って橋のようにしてつないだものを言う。
 ・歯を削る(一度削った歯は再生しない)
 ・3本分の咬む力を2本で負担をする
 ・安価(保険が適応)
 ・やり変え:全部除去が必要
 ・簡単

●インプラント
 ・歯を削らない
 ・骨を削る(骨は削っても再生する)
 ・他の歯に負担をかけない
 ・高価(自由診療)
 ・やり換えが可能(その歯だけ)
 ・テクニックと経験が必要(ドクター側)
 ・ますます発展中


破折歯

 破折した歯でも抜く必要はありません!
 下の写真のように全く元通りに回復できますので、あきらめないでください。

術  前
歯が真ん中から二つに折れた症例
メタルコアーセット
接着材で接着
金属冠セット

 

戻る