成功率の高い破折歯の歯牙再植法

 筆者は数年前から破折歯の歯牙再植を挑んでいたが、なかなか成功率が上がらなかった。半ば諦めかけていた、今年の4月に飯島国好先生と沖縄へ講演に行ったときに先生からテクニックを教えていただいた。その後、症例を重ねる毎に成功率が上がり、最近はかなりのケースをこなしほぼ100%に近い成功率になったのでここで披露する。

術     式

症例:K・50代・♀
左上3番 歯根破折
パーシャルデンチャーの支台歯なので、このままでは 自然脱落の可能性が高い。幸い骨吸収も少ない。

@浸麻(2%キシロカイン)
A抜歯:できるだけ丁寧に(周囲組織を損傷しないように)
B生理食塩水を用意
C抗生物質を溶かしても良い
D超音波スケーラーで洗浄( ここが従来と異なる )
 特にコスモキュアEタイプに付属しているダイヤモンドボールチップは非常に優れている。しかも、短時間で処理が可能である。
Eスーパーボンドにて破折歯を接着させる
 余剰分はエキスカ等で除去。できるだけ、根面には触れないように!
F接着後、少し待つ(初期硬化の間だけ)
 あまり待ちすぎると根面が乾燥するので注意する。
G抜歯窩の掻爬
 掻爬後、高周波で殺菌を忘れないように!
H接着歯を元に戻し、高周波を周囲歯肉に通 電(これがミソ)
 この方法はインプラント手術時にも有効で翌日の治癒が全く早い。
I終了
 若干、掻爬時に頬側歯肉が破れたが問題なし。
J術後3日
 全く問題なし
K術後1年経過