新治療法・クォーツインサート応用法

 インレーなどのG. V. Blackの窩洞は時代遅れです。21世紀は削らない治療が主になるでしょう。ここでは小峰歯科医院で応用している新治療法を紹介します。

特 徴
@タービンなどで歯牙の切削必要なし。
A重合収縮が最小限に抑えられるため、脱落や再発がきわめて少ない。
B操作が簡単。
C天然歯にちかい強度がある。
D天然歯にちかい色が出せる。審美的に良好である。
欠 点
@輸入品で手に入りにくい。
A手で触ることができない。

術   式

@カリエスディテクターで軟化牙質を染め出す。
A超音波スケーラーで汚れや軟化牙質を除去する。
B上記の作業を繰り返す。
Cエキスカベーター等で軟化牙質が取れないことを確認する。
@象牙細管内の細菌の除去法
 注n波で殺菌
 3-Mix等で裏層
 白P治で殺菌
A上記のいずれかの方法で必ず象牙細管の殺菌を行う。これにより再発は皆無になる。
@光重合の操作に入る。
A通法どおり、エッチング処理。
B十分な水洗。
Cボンディング 処理。

@左の写真がクオーツインサート。
Aドイツやアメリカで市販されている。(比較的安価)
B自作が可能。CRインレーの要領でよい。ただし、シランカップリング処理が必要。
C原理はレジンの筆積み法と同じで、重合収縮が抑えられる。また、強度を増すことが可能。

@クオーツインサートを試適。
A通常の光重合レジンを窩洞に満たし、そこにクオーツインサートを挿入する。
B余剰分を除去。
Cクオーツインサートのつまみの部分はそのままでよい。
@光照射し、重合させる。
A通常の光重合レジン充填と同様の作業である。
@硬化後、クオーツインサートのつまみの部分を削合し、除去。
A咬合調整。
Bオーバーラップ部分があれば除去し、研磨処理をし、仕上げる。
@完成である。
Aインレーよりも簡単で脱落しにくい。
B審美的で患者さんが喜ぶ。
C歯質の硬さに近いため、咬合性外傷を起こしにくい。

※自作の場合にはエステニアの使用を奨める。


症例1. 小窩裂溝う蝕:タービンを使わず、超音波スケーラーとフィッシャーバーのみで軟化牙質除去後、充填処置。

症例2 .症例1同様タービンは使用せず、遊離エナメルも問題なし。

術 前
術 後
説   明

 


北野式窩洞形成法

 この窩洞形成法は帯広市・開業の北野先生の開発した方法です。特徴としては辺縁隆線を削合しないため、歯質の強度が低下しない。もちろん、ブラックの2級窩洞に比べて歯質の削合量 はきわめて少ない。 この方法は患者本位の治療方法です。

隣接面カリエスの場合、通 常のG.V.Blackの窩洞では咬合面から削合し、辺縁隆線を削る必要がある。
左図のように小窩から削り、隣接面 カリエスの軟化牙質を除去する。カリエスディテクターの使用が望ましい。歯質の削除量 は最小で済ませることができる。
隣接面 にマトリックスを挿入し、咬合面から光重合レジンを充填する。左図のようにレジン充填面 積が小さいため、仕上がりも良好である。