夢をかなえる「お金の教え豊かさの知恵」
お金と幸せを呼びこむ経済自由人という生き方

                 本田 健

解説 小峰一雄  

 この本は私の尊敬している先生からいただいたものである。このたぐいの書籍はほとんど読んだことがなかったので、ひじょうに興味をもって読ませていただいた。
 読んでいるうちに、いままで生きてきた人生の目標みたいなものが霧が晴れるような印象であった。自分は何を目標に生きてきたのか?はっきりしたような気がする。考え方は全く同じで共感しながら読み終えたのであった。

 あらすじ

 自分が生まれてきた目的をはっきりと理解した人は、そうでない人に比べて、はるかに幸せで豊かになっている。すなわち、「幸せと豊かさ」は自分らしく生きたことへのご褒美としてやってくるものである。自分の持って生まれた才能に磨きをかけ、日々、才能を使って社会に貢献する人は、ある程度の時間を経て、経済的にも恵まれていくのである。
 このような経済自由人になるためには次の4つの条件がある。
  1.自分の選んだ分野でトップ10%に入っている
  2.ふさわしい人格を身につける
  3.必要な知識・知恵を身につけている
  4.感情のバランスがとれている
 経済自由人に備わる8つのビジネススキル
  1.ビジョンを見る力
  2.スピーチ&プレゼンテーション能力
  3.営業力
  4.人に好かれる力
  5.応援される力
  6.お金のセンス
  7.口コミを引き起こす
  8.人脈を金脈に変える
 経済自由人が実行する8つの習慣
  1.誰に対しても、世界一大切な人として接する
  2.思いついたことや、やりたいことを紙に書く
  3.連絡をまめに取る
  4.本を読み、テープを聴き、セミナーへ行く
  5.感謝を形で表す
  6.新しいことにチャレンジする
  7.信頼する
  8.寄付したり無料で与える
 経済自由人が持つ「ビジネスと人生」の哲学
  1.与える人は豊になる
  2.人は、大好きなことをやっている人を応援したくなる
  3.人は、生まれつき豊かになるようにできている
  4.起業のチャンスは誰にも無限にある
とある。人それぞれに勇気を与えてくれる内容であった。
 最後に以下のように結んでいた。
 人は競争せずに協調して仕事をすれば、労働時間が1/3で今と同じ効率の仕事ができる