Doc's Best Cementの臨床例

術前、隣接面カリエス(第一小臼歯の遠心う蝕)

遊離エナメル質を除去
カリエス面をHClo(次亜塩素酸水にて洗浄)
軟化牙質(感染牙質)削らず残す
削らないので痛みなし、歯髄炎の心配なし

Doc's Best Cementの粉末とコーパライトを混ぜてカリエス面に5回程塗布
Doc's Best Cementの粉末と液で練和して充填
Doc's Best Cementの充填 部のエナメル質部を露出
光重合等のコンポジットレジン充填にて終了
約1年後には感染牙質は自然治癒しているのでそのまま充填しても心配ない