完成したデッキでもサンルームでも、木製の物はその後の管理をしっかりする必要がある。鉄製と違って錆びる心配はないが、腐敗菌によってあっと言う間に腐ってしまうこともある。以下に防腐対策についてのリポートを掲載する。
サンルーム前の小さなデッキは一日仕事の
簡単なものだったので、防腐処理もいい加減
にやった結果、4年目にして腐り始める。
手すり部分に掛けたプランターに、毎日水やり
をした結果、養分を含んだ水が木部に浸透し、
木柱を内部から腐らせ、ある日表面が陥没。
デッキ上も、苗や鉢物を置き続けると、やがて
デッキ材内部が腐食し、やはり穴があく。
腐りだすと後は早い、檜材なので大丈夫と思っ
ていたら、柱の根元もご覧のとおり。
注意が必要なのは、母屋の基礎まわり。調子
に乗って土台回りに鉢物を並べすぎないように。
水を掛けている内に母屋の土台を腐らせること
になりかねない。
狭い敷地だと、土の袋などを家の外壁際に置き
がちだが、出来れば塀側に置くのが無難。
防腐剤としては、「キシラデコール」がお奨めか。
値段は少々高いが信頼性がある。カラーも幾
種類かあり選べる。最低2年に一度は塗る。
また、有毒なので、使用の際はガスマスクが
必要だ。塗料用の防毒フィルターをセットして
使う。