FTPサーバーの導入
CGIプログラムなどのサーバー転送に必要

 ファイル転送に不可欠なFTPサーバーのインストール
★インターネット上でファイル転送を行うFTPサーバーは。LAN内でも使うことができる。後述するCGIプログラムを使用する上でも必要になる。
 FTPソフトのダウンロード&インストール
★最もポピュラーなFTPサーバーソフト ProFTPD をダウンロードする。
 ※RedhatLinuxにはProFTPDが含まれていません。

 ■ダウンロードはこちら→ proftpd-1.2.10-1.fc1.i386.rpm (2005/8月)
 
     ※リンク切れの場合は、こちらにアクセス
                            
 Webminを使用してインストールする
★Webminのシステムカテゴリ→ソフトウェアパッケージ をクリック
★ソフトウェアパッケージが表示される。
 ・アップロードしたファイルから で「参照」をクリックし、Webminを操作しているWindowsマシンにダウンロード保存された ProFTPD のファイルを指定する。

★[インストール]のボタンをクリック
★インストールの確認。各項目を確認して選択し、

 よければ、[インストール]のボタンをクリック
★インストール結果のメッセージ。

 ・上記の例は、すでに同じバージョンの ProFTPD がインストールされているため、インストールが中止された。
           package proftpd-1.2.9-1.9 is already installed

★正常にインストールされれば、ここでインストール成功のメッセージが表示される。
 ProFTPDを使用してみる
★上記までの操作でインストールが完了すれば、ProFTPD は正常に作動しているはずなので、Windowsマシン側のFTPソフトを起動してアクセスしてみる。
★今回は、シェアウェアの NextFTP を使用してみた。
★FTPソフトの ホスト設定 画面。接続のための設定を行う。
★ユーザーIDとパスワードは、サーバーに登録されたユーザーなら誰でも構わない。
接続を実行してみる→
★接続された。
★しかし、デフォルトの状態で接続すると、サーバー内のどのディレクトリにもアクセス出来てしまうので、管理者以外のユーザーには、自分のホーム・ディレクトリだけのみアクセス許可をするようにWebminを使用して設定する。
 ProFTPDでユーザーアクセス制御
★サーバーカテゴリの ProFTPD をクリック。
★グローバル設定が表示されるので、 ファイルとディレクトリ をクリック
★ファイルとディレクトリが表示された。

ディレクトリで ホームディレクトリ を選択する。
 ※この設定で、kanri ユーザー以外は自分のホームディレクトリしか入れなくなる。

★Unixグループで、任意設定を選び 「!kanri 」と入力する。(許可するユーザー名の前に感嘆符を付ける)
 ※この設定で、kanriグループ以外のメンバーは自分のホームディレクトリしか入れなくなる。

 「保存」をクリック→ 戻ったページの下部にある 「変更を適用する」をクリック

 以上で ProFTPD を使用するための最低限の設定は終わりです。