Kデンチャー

  まったく新しい21世紀の義歯


    
義歯の革命

 全く新しい考え方の義歯です。しかも、簡単にどなたでも作製できるシステムです。材料や技工もすべて会員のみに提供されますので、安定経営に一助になるでしょう。  

 Kデンチャー

 従来の義歯は粘膜を基本にして印象採得しました。粘膜は軟らかく可動性であるため、どんなに精密に印象採得しても向き不向きの義歯になってしまいます。
 世界で初めて、この欠点を解消したのが「Kデンチャー」なのです。この「Kデンチャー」は粘膜面 をベースにするのではなく、顎骨の骨面をベースにする(骨面 印象)のが、全く新しい発想です。

 (理論)

 硬いレジン床面 と硬い骨面の間を粘膜と同じ固さの生体シリコンで均等に埋め、力を骨面 に対し均等に分散させると言う、新しい理論です。

 21世紀はこの理論が基本になるでしょう。加えて、生体シリコンの生体親和性は他の歯科材料とは比較にならない。逆に粘膜と癒着の可能性があり、インプラントに変わる新しい方法が予想されでしょう。

(生体シリコンは避妊用リングにも応用されています。ご存知のように、一定期間で取り出さないと粘膜と癒着してしまいます。このように生体シリコンは口腔内と同じ条件下で癒着するのです。従って義歯と粘膜を癒着させる可能性は十分に考えられるのです。)


 上の写真は左が通常の無歯顎トレーにて印象採得した模型です。右はKデンチャー用のKトレーにて骨面 印象した模型です。どちらも一回法のスナップ印象です。一見全く異なる模型ですが、同じ患者さんなのです。通 常印象では石膏で硬化しているため、軟らかいはずの粘膜部分も顎堤の硬い部分も差がないので、安定した義歯は望めません。
  一方、Kトレーでの印象は右の模型のように 骨面が再現できるので安定した義歯が作製できます。
上の写真はKデンチャーの骨面スナップ印象の印象面です。おわかりのように顎舌骨筋線窩のアンダーカットまできれいに印象採得が可能です。従いまして、左のような模型が可能な訳です。しかも、簡単に上図のような印象が採得できるのが特徴です。


 

Kデンチャーの特徴
   1 生体シリコンを粘膜面に裏装するため、アタリが出にくい。
   2 生体シリコンに吸盤を付与するため、吸着が優れている。
   3 特に下顎の難症例に最適。
   4 上顎の無口蓋義歯にも応用可。
   5 クラスプの無い局部床義歯にも応用が可。
   6 Kトレーの使用により、簡単に印象が採得できる。
   7 従来の軟性材料に比べて耐久性がよい。
   8 軟性材料の欠点であった汚れも特殊洗浄法で改善。
   9 その他。

Kデンチャー製作体験談
Kデンチャー研究会
   1 このKデンチャーは研究会会員のみ作製が可能。
   2 Kデンチャー製作の技工は会員のみ受注ができる。
   3 会員のみにKデンチャー材料の提供が受けられる。
   4 最終印象のチェックが受けられる。
   5 情報の提供が受けられる。
   6 全国の患者を会員の先生に紹介する。
   7 Kデンチャーセミナーを受講されと同時入会が認められる。
   8 その他。
Kデンチャーセミナー案内

  セミナー予定
      


     1)東京セミナー

        日 時:2008年  月 日(土日3ヶ月:6回コース) 
        場 所:都内某歯科医院研修室
        定 員:5〜6名
        参加費:300,000円 (実習材料・昼食を含む)
          実際の患者さんで体験していただきます。新しい「コンタクトデンチャー」
         を公開します。宿泊費・懇親会費は個人負担になります。
          Kデンチャー以外にも多種のコースが含まれております。         

     

               振り込み先りそな銀行 東京中央支店
                     口座番号 普通5495704
                     名義 Kデンチャー研究所 代表 小峰一雄
                     ご入金の確認をもって手続き完了となります。

                            

      10名以上集まれば全国どこでも開催を考えております。
     今現在、全国から単発的に申し込みがあります。歯科医師会・スタディー グループ等で10名以上でお申し込み頂ければ
     どちらへでもお伺いいたします。

 

Kデンチャー実技特別コース
小峰歯科医院内にて全てをお教えます

 Kデンチャーを最初から最後まで、先生ご自身で作製していただきます。患者さんはこちらで用意させていただきます。日程は先生、患者、当医院で協議の上、決めさせていただきます。
 多少、インプラントやその他の研修(別途費用、ただしシステム等の見学は無料)もお引き受けいたします。

   日 程:日数に関係なく、完成するまで
   定 員:若干名(患者1名につき1名)
   受講料:60万円(Kデンチャー制作費:担当患者に無料で作製、交通費等自己負担)
   場 所:小峰歯科医院(遠方より参加の場合はホテル、旅館は手配させていただきます)
   申 込:FAXまたはメールにてお申込ください。
        患者さんが確保できしだい、お返事申し上げます。
   

お問い合わせ
   メールにてお問い合わせください。
      kkomi@ps.ksky.ne.jp
     
      Kデンチャー研究所
         代表 小峰一雄
      〒355-0342
      埼玉県比企郡ときがわ町玉川2469
         小峰歯科医院内
         TEL03-3551-5023  FAX0493-65-2820
   
KD-Laboがプロデュースするサイトです。Kデンチャーの情報も掲載。
 
Kデンチャー製作に必要な歯科材料が入手できます。その他、ここでしか入手できない商品が格安で注文できます。
 
Kデンチャー研究会会員のための情報を掲載。
 
ここはKデンチャー研究会会員専用のページですので、IDとパスワードが必要です。


Kデンチャー研究会

Kデンチャー研究会名簿(ここをクリック)